報道・著述に関する個人情報の保護について

個人情報保護法は、憲法が保障する表現の自由との兼ね合いから、報道機関等が報道・著述の用に供する目的で個人情報を取り扱う場合は、

個人情報取扱事業者としての義務を定めた条項を適用除外としています。しかし、朝日放送グループ/プロセンスタジオは、法の趣旨を鑑み、

本人のプライバシーに係る権利を尊重した適切なパーソナルデータの取り扱いを確保し、報道・著述に関する個人情報についても、その取り扱いは

極力慎重にいたします。報道・著述の用に供する目的で個人情報を取り扱う場合は、下記のとおり対応いたします。

1.報道・著述の分野において個人情報を収集するにあたっては、原則として報道・著述目的であることを明らかにします。

2.個人情報は、報道・著述の目的に照らして適正な手段で取得するよう努めます。

3.報道・著述の目的で入手し保有する個人情報は、紛失、破壊、改ざん、悪用、漏えいなどから保護します。

4.報道・著述の目的で入手し保有する個人情報は、正確かつ最新の内容に保つように努めます。

5.報道・著述の目的で取得した個人情報は、原則として他の目的に流用いたしません。

6.報道・著述の分野について、個人情報の取り扱いに関する本人からの苦情などの申し出に対しては、担当窓口にて誠実に対応いたします。